キャッシングの借り入れの制限

消費者金融のキャッシングを利用してのお金の借り入れについては、その上限が法律によって制限されています。その上限額一杯まですでにお金を借入れてしまっている人の場合には、たとえ消費者金融の業者を変えたとしても新規にキャッシングでの借入れはできません。借入れの制限を回復するためにはこまめに返済を続けていき、借入額の総額を減らしていくしかないのです。
法律による借り入れ金額の上限はキャッシングの利用者の年収に応じて計算されます。年収の3分の1までがキャッシングで利用者の借り入れられる最大の数字となっており、この数字は消費者金融や信販会社などからの借り入れの合計額となっています。もしも、年収の3分の1までを消費者金融や信販会社からすでに借り入れている人の場合には、ある程度の金額を返済して借入金の合計額を減らすまでは新規にお金を借り入れることはできません。
このことは総量規制の法律によって決められており、年収の3分の1までの金額をすでに借り入れている人に対しては消費者金融や信販会社はお金を貸付けることはできません。
総量規制による借入れの制限を受けているような人に対して、貸付を行えるという宣伝をしている業者も少なからずありますが、そのような業者は大抵の場合、ヤミ金と呼ばれている違法な業者です。どんなにお金が必要になった場合でも、そのような業者を利用することは止めておきましょう。法外な利息を請求されて人生そのものを狂わされてしまいます。